HIRAKU

TICFSの技術で未来を拓く

HIRAKU

TICFSの技術で未来を拓く

HIRAKU

TICFSの技術で未来を拓く

優れた技術で世界に挑戦。地域創生の実現を目指す。

「人材」「技術」「設備」で世界の先端研究をリード

岐阜大学と名古屋大学は2020年4月、東海国立大学機構として法人統合し、「国際的な競争力向上と地域創生への貢献を両輪とした発展」を目指して、教育・研究活動に取り組んでいます。私たち統括技術センター及びイノベーションコアファシリティステーション(TICFS)は、東海国立大学機構の中核的な研究基盤として、設備・機器の戦略的な導入や、高度な技術を有した技術職員による技術支援を通じて、最先端の研究を強力にサポートします。

人材を拓く

社会に貢献する研究支援人材を
育て輩出する

研究の技術支援を目的とした人材を育成し、その高度な知識と経験から研究開発のスピードを加速させていきます。

機器を拓く

2大学の設備・機器を活用し
あらゆるニーズに応える

岐阜大学と名古屋大学が保有する共用設備・機器を学内外に活用する体制を整えることで、研究資源を有効に活用していきます。

社会に拓く

機構内外に研究支援を広げ
社会との連携を

機構内外の研究を積極的に支援し、連携を深めます。社会のニーズを的確に捉えることで、有為な研究支援に取り組んでいきます。

技術を拓く

蓄積してきた技術で
研究開発をけん引

これまで培ってきた技術を地域・社会に還元することで、新たなイノベーションを生み出す起爆剤となる役割を担います。

研究を拓く

困難を突破する
原動力となる

研究は困難の連続であり、その壁を突き破る力が必要です。技術職員によるサポートが、解決の糸口を見つけてくれます。

時代を拓く

次世代の技術で
世界の進歩を加速

時代を切り拓くのは、常に新しい技術です。次世代のスタンダードを形作る人材を育成し、世界にイノベーションを起こす技術を生み出します。